<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奈義町現代美術館<冬>
1月11日(日)から始まる「アートの今・岡山2008」の搬入のために
奈義町現代美術館(Nagi MOCA)へ行ってきました。
美術館のホームページは → こちら ←。
COLORSの前の記事(館内の様子等)は → こちら ←。

岡山市内から53号線をひたすら北上すると
久米の辺りから遠くの山が白いのが見えました。
「まさか、雪降ってる?」
対向車のほとんどは雪が乗っかった状態で走ってくる・・・。
ノーマルタイヤに不安を抱きながら、さらに北上。
津山辺りは少~し雪がありましたがこれなら大丈夫~。
で、そこから奈義方面へ向かって行くと・・・

ガラっと景色が変わる。

積もってる!
雪が10センチ近く積もってる!0度って書いてある!
奈義ってこんなに寒いところなんだ!?

冬の奈義は初めてだったので少しワクワク。

そして無事、美術館に到着。

DSC_6186.jpg

すっかり冬の姿でした。

nagi-02.jpg

美術館の裏にある那岐山も真っ白。
1255mの大きな山。岡山では4番目に高い山だそうです。
雲でよく見えませんが、かなり迫力があります。

美術館へ入ると、ガラスの向こうに見える真っ白な雪の光の反射で
館内はとっても明るく、眩しいくらいでした。

nagi-03.jpg

おいしいコーヒーをいただいて温まってから、搬入スタート。

「アートの今・岡山2008」は、天神山文化プラザ、高梁市歴史美術館、
奈義町現代美術館の3箇所をまわる巡回展です。

奈義町現代美術館は最後の展示場所となります。

受付の左手にあるギャラリーと

nagi-04.jpg

喫茶室で展示しています。

nagi-05.jpg


「アートの今・岡山2008」
2009.1.11(日)~2.11(水・祝)
奈義町現代美術館
開館時間/9時30分~17時[月曜休館]
     ※1月12日(月)開館・1月13日(火)休館・2月11日(水・祝)開館
主  催/奈義町、奈義町教育委員会、奈義町現代美術館
入場無料
詳細は → こちら ← です。


搬入が終わってからは、たくさん写真を撮って
おもいっきり雪遊びをしました。

雪に包まれた美術館も素敵です。

nagi-06.jpg

水面も凍っていました。
溶けたところに落ちた雫の波紋もキレイです。

nagi-08.jpg

「うつろひ」も雪の中だとこんな感じで見えたりします。

nagi-07.jpg

外の様子。少し高いところから。
だいぶ太陽も傾いてきた時間。

nagi-010.jpg

雪も溶けかけていましたが
雪うさぎ作ってみました~。

nagi-09.jpg

いや~楽しかった!

あと、個人的に・・・ですが、夜の美術館が大好きです。

IMG_6000.jpg

美術館は17時まで(入館は16時半まで)なのですが、この時期だと、
閉館時間は薄暗くていつもと違った美術館を見ることができます。

IMG_7000.jpg
※写真がなぜか横向きになって直せませんでした・・・。

これも、美術館の楽しみ方のひとつかも?

夜の美術館といえば、一昨年行われたアートフルナイト、ホント最高だったなぁ~。
アートフルナイトのレポは → こちら ← です。
夜のイベントたくさんあったらいいなぁ~。

そういえば、美術館の「太陽」という部分
(外から見たら一番目立ってる太鼓の筒みたいなところ)は
少し高い位置にあって、坂になっているので
その坂をソリで滑って遊ぶ子供がたくさんいました。

なんかいいな。

美術館って、アートが好きな人だけが集まるところじゃないんだな~
って思いました。奈義の美術館は、美術館の中に図書館があるし
近くには保育園も小学校も中学校もあるし。子供達にとって美術館って
遊んだり、学んだりできる場になってるんだなぁと思いました。
普段の生活の中で自然にアートと触れ合ってる子供達。
なんかうらやましい~。私もそういう環境で生活したかった!
奈義町現代美術館は、地域に密着した、皆に愛される美術館!って気がします。

行ってよかった~。
ホント、ここが好きなんですよ。
ここの学芸員さんも好きです。
いろんな方と出会って、話して、アートに触れて
充実した1日を過ごす事が出来ました。

みなさんも、ぜひぜひ、Nagi MOCAへ!

nagi-013.jpg

雪が降るかもしれないので、
気をつけて行ってくださいね。



スポンサーサイト

テーマ : アートイベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

犬島アートプロジェクト「精錬所」
犬島アートプロジェクト「精錬所」

2008年4月27日、岡山市犬島に美術館がオープンしました。
ベネッセのアートプロジェクトである「精錬所」の
第一期が完成したということで、行ってきました。

犬島へは瀬戸内市の宝伝にある朝日漁港から船で渡ります。
朝日漁港までのアクセスはこちらこちらを参考にしてください。

港周辺には市営の駐車場や宝伝海水浴場の駐車場がありますが、
台数が少なく、車がとめれない場合もあるので注意してください。
昨年の夏は、犬島時間に来てくださった方々で混雑し
車がとめれず、渋滞や路上駐車などもあり混乱したため
地域の方々にご迷惑をおかけしてしまいました。
できるだけ公共機関を利用していただきたいです。
せっかく港まで来たのに車がおけず島へ渡れなかったら残念なので・・・。
混雑を避ける為にも、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

※今年の夏は犬島時間が週末のみの開催の為、美術館のお客さんと重なり
去年以上に宝伝周辺の混雑が予想されるので、注意してください。

犬島「精錬所」-02

<船代>
一般・大人300円、子供150円
釣客・400円(荷物10kg以下100円~)
チャーター・4000円
※原油価格の高騰により春から船代が値上がりしています。

<時間>
宝伝発
○6:25
○8:00
○11:00
○13:00
○13:45
○17:00
○※18:00(日曜は運休)

犬島発
●6:40
●8:20
●11:15
●13:20
●14:00
●17:15
●※18:45(日曜は運休)

<臨時運航便>
美術館オープンに伴い、
金・土・日・祝日のみ臨時便があります。
○宝伝発15:15
●犬島発15:35
(7月第3週から8月末日まで水~日曜)

あけぼの丸(086-947-0912)


犬島までは船で約7分くらいです。
犬島に着くとすぐ左に見える黒い建物。

犬島「精錬所」-01

「精錬所」の入り口、チケットセンターです。
一般は1000円、15歳以下は無料です。
ただし、館内は予約がないと入れません。
完全予約制なので、事前にメールかファックスで予約してください。
申し込み方法はこちらから。

この黒い建物内はカフェ&ストアのコーナーもあります。
犬島に関係のある本やポストカードなどを販売しています。
コインロッカーはあります。
カフェでは、島民の方々が作ったまつり寿司(1000円)、
オーガニックコーヒー(500円)などがありますが、
2008年5月の段階で、フードは寿司とスナック、
ドリンクはコーヒー、紅茶、水くらいしかありません。
(美術館以外に島内で食事ができるところは2カ所しかありません。
島の方の料理を食べたり、食事を持参して海を見ながら
食べるのもいいかもしれません。)

ここから出て、海沿いを歩き、入り口の柵までは
無料で通ることができます。

犬島「精錬所」-03

ここから先は有料です。
柵がすごいですが・・・

犬島「精錬所」-04

これもアートということです。

犬島「精錬所」-05

見学はツアーなので、個人でまわることはできません。
館内は撮影禁止です。外観はOKとのこと。

この美術館のコンセプトは、「建築、現代アート、環境」。
犬島に残る産業遺構(精錬所跡地)を保存、再生し
自然のエネルギーを使った環境に負荷のない建築と
現代アートを組み合わせ、新しい環境システムにも力を入れた
循環型社会を意識した新しい地域作りのプロジェクトということです。

館内の詳しい説明はしませんが、とにかく真っ暗な空間でした。
迷路のようになってて、体験型のアートといった感じです。
作品が展示してあるというよりは、建物自体が作品というか
映像や空間が作品といった感じで、自分達もその空間に
とけ込んでいるような感覚になりました。

館内に冷暖房はありません。
自然の風を取り入れて、夏は涼しく、冬は暖かくなるような
システムを作っているらしく、館内ではかすかに風の音が聞こえます。

トイレから流れ出る汚水もそのまま海には流さず
植物の力を借りた高度な水質浄化システムがあるそうで
自然に優しい作りになっています。

外の様子はこんな感じです。

IMG_1791.jpg IMG_1810.jpg IMG_1818.jpg
犬島「精錬所」-07 犬島「精錬所」-08
犬島「精錬所」-010 犬島「精錬所」-012

新しく通路はできていましたが、昔と変わりなく
そのままの姿で残っていました。

ぜひ一度、行ってみてください。
犬島の良さを多くの人に知っていただきたいです。

INUJIMA ART PROJECTのサイトはこちらです。

今年は犬島が活気づく年になりそうです。
犬島時間も頑張らなくちゃ!です。




犬島アートプロジェクト「精錬所」
岡山市犬島327-5
tel:086-947-1112
fax:086-947-1115
info@inujima-ap.jp
地図:こちら



テーマ : 岡山県
ジャンル : 地域情報

Nagi MOCA  奈義町現代美術館
仕事の打ち合わせで、奈義町現代美術館へ行ってきました。

20070609192631.jpg

現代美術館としてはかなり有名な美術館。
全国から作家や建築家が訪れるそうです。

20070609193052.jpg

美術館の周りは緑がいっぱい。
芝生で囲まれています。
昨年の師匠・青地大輔の展覧会、
" A place with water " のDMに使われた写真は、
ここの芝生で撮ったものです。

20070609223301.jpg

受付です。アート関係のチラシやフライヤー、
Tシャツ、ポストカードなどの販売もしています。

20070609223735.jpg

喫茶室へと続く廊下。

20070609224017.jpg

喫茶室。エスプレッソコーヒー、紅茶、
オレンジジュースを飲みながら、作品をみたり、
雑誌を読んだりすることができます。

20070609225019.jpg

美術館の中心に位置する池。
夜になるとカエルの鳴き声が聞こえます。

20070609225402.jpg

ガラス越しに見た池。

20070609225525.jpg

「大地」という展示室。
開放的な池とはまた違った魅力があります。

20070609225706.jpg

北棟ギャラリー。

20070609225838.jpg

展示室「太陽」の前室。この部屋の中心部に黒く太い円筒があり、
中に入れます。円筒の中は狭く、螺旋階段となっており、
進んでいくと、京都の龍安寺そっくりの石庭が現れます。
残念ながら中の写真はありませんが、とても不思議な斜めの空間です。

20070609230736.jpg

展示室「月」。三日月の形をした大きな部屋。
白くて無音の世界です。中秋の名月の夜10時頃、
この部屋の白い壁に、月の光と影が姿を現わします。

20070609231153.jpg

関係者以外は入ることの出来ない、美術館の裏庭。
池と、展示室「月」、那岐山が見える場所です。

20070609232019.jpg

屋上から見た池。

20070609232142.jpg

美術館のシンボルとも言える、展示室「太陽」。
展示室「太陽」の前室はここへ繋がっています。

20070609232942.jpg

屋上には、ちょっとしたパフォーマンスができそうな
ステージもあります。

20070609233118.jpg

日が落ちて暗くなった美術館も素敵です。
暗くなってからこの池で、打ち合わせを行いました。

近々このブログで紹介する予定ですが・・・

7月7日の七夕の夜。
ここ、奈義町現代美術館で
青地大輔の映像を見ることができます!

一夜限りの、しかも人数限定のイベントです。

詳細はまたお知らせします。
お楽しみに!


Nagi MOCA 奈義町現代美術館
勝田郡奈義町豊沢441 
0868-36-5811
9:30-17:00(入館は16:30まで)
毎週月曜および祝日の翌日休館
観覧料金
一般・大学生700円(500円)
高校生500円(350円)
中小学生300円(200円)
*( )内は20名以上の団体料金
駐車場:あり
参考地図 → こちら です。

Nagi MOCA 奈義町現代美術館の詳細は
こちらの ホームページ をご覧下さい。


テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

犬島時間オフィシャルサイト

2008A4_o3-1ab

"Glimmer border"
"Birds in the room"
共鳴する美術 2009
"The World"
   "My turning into me"

  20071018110106s.jpg

 Artfull Night in Nagi MOCA

IMG_0565abc.jpg

     カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
     カテゴリー
     最近の記事
     最近のコメント
最新トラックバック
     ブログ内検索
プロフィール

 maco

Author: maco
岡山県在住。カメラマン兼グラフィックデザイナーのアシスタントをやっています。瀬戸内海に浮かぶ小さな島、「犬島」で「犬島時間」というアートプロジェクトのアシスタントディレクターをやっています。犬島時間も今年で九年目です。年中犬島へ足を運び、島民との関わりを大切にしながら活動を続けています。COLORSは、私が日々の生活の中で出会った岡山のグルメ、ショップ、アートの情報発信の場として2006年に開設したサイトです。

     Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。