<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬島時間スタートしました。
2007INU_A4_oR.jpg 2007INU_A4_uR.jpg

第四回犬島時間がスタートしました。
初日は猛暑にも関わらず、たくさんの方が来てくださいました。

初日の様子は こちら です。

これから犬島へ行こう!と思っておられる方へ、
オフィシャルサイトの今必要な部分だけを抜き出してみましたので
参考にしてみてください。

---------------------------------------------

■第四回犬島時間詳細

■コンセプト

■参加アーティスト

■作品コンセプト

■オリジナルクラフト

■会場案内(地図付き)

■交通案内1(地図付き)

■交通案内2(写真付き)

■チケット

■チラシ配布先

■リンク集

---------------------------------------------

ちなみに去年の犬島時間の様子はこんな感じです↓

犬島時間vol.1
犬島時間vol.2
犬島時間vol.3
犬島時間vol.4
犬島時間vol.5

---------------------------------------------

最近よく質問されます。
「なぜ、犬島でアートイベントをするのか」

犬島時間のテーマはずばり、コミュニケーションの再構築です。
作家が作品を展示するというだけのイベントではありません。
アートイベントを犬島で行うことによって、
足を運んでくださった方々が、島の方と関わり、
島に残る良き伝統、風習、歴史などを知り、
それを持ち帰ってもらうことを目的としています。

例えば、挨拶。
私たちが普段、知らない人と街中ですれ違っても
挨拶ってなかなかできません。
でも犬島は、すれ違った人には誰にでも挨拶をするという習慣が残っており、
島へ行くと不思議なことに、自然と挨拶ができてしまいます。

例えばで挨拶を取り上げましたが、挨拶が自然とできるということを体感し、
それを島から帰ったあとも自分の生活の中で取り入れていって欲しい、
忘れかけた日本の良き風習を再び構築したい、という想いがあります。
アートイベントはそのための手段なのです。

気がつくと、島の方と知り合いになってたり
初めて会ったお客さんと仲良くなってたり。

去年私は、犬島で会ったお客さんと親しくなって
一緒に車で帰った、なんてこともありました。

犬島って、そういう島なんです。

みなさんも、犬島でたくさんの方と関わって
いろんな想いを持ち帰ってくださいね。



テーマ : アートイベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

犬島時間オフィシャルサイト

2008A4_o3-1ab

"Glimmer border"
"Birds in the room"
共鳴する美術 2009
"The World"
   "My turning into me"

  20071018110106s.jpg

 Artfull Night in Nagi MOCA

IMG_0565abc.jpg

     カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     カテゴリー
     最近の記事
     最近のコメント
最新トラックバック
     ブログ内検索
プロフィール

 maco

Author: maco
岡山県在住。カメラマン兼グラフィックデザイナーのアシスタントをやっています。瀬戸内海に浮かぶ小さな島、「犬島」で「犬島時間」というアートプロジェクトのアシスタントディレクターをやっています。犬島時間も今年で九年目です。年中犬島へ足を運び、島民との関わりを大切にしながら活動を続けています。COLORSは、私が日々の生活の中で出会った岡山のグルメ、ショップ、アートの情報発信の場として2006年に開設したサイトです。

     Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。