<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬島時間を楽しむ方法。
良いタイトルが思いつかなかったのですが・・・
犬島への行き方や会場の説明、犬島の穴場などを詳しく紹介して
もっともっと犬島を楽しんでもらえたら・・・と思ったのですが
2時間かけて書いてた記事が消えてショックを受け倒れこみ(寝てただけですが・・・)
やっと復帰。前書いたのがどんなだったか忘れてしまった。。。

というわけで、写真付きで犬島を紹介していきます。

犬島への行き方はここを参考にしてください。

■交通案内1(地図付き)

■交通案内2(写真付き)

犬島は車を乗り入れることができません。
というか、犬島は車が走ってないんです。
島内の荷物を運ぶ軽トラはたまーに走っています。

これが駐車場です。

IMG_3823.jpg

こんな感じで、下は土ですが、線は引いてあります。

IMG_3824.jpg

とりあえず、車をとめます。すると係りのおばあちゃんや
おじいちゃんが話しかけてくるので、駐車料金(1日500円)を
支払ってください。車のナンバーを書いた領収書をくれます。
この駐車場がいっぱいの場合は他の駐車場を教えてくれます。

IMG_3755.jpg

ここにはシャムという名のシャム猫がいます。
おばあちゃんにべったり。かわいいです。

船乗り場まではここから歩いて1分程です。
この地図>の真ん中の土の部分が駐車場で
ゑびす屋さんの斜め前が船乗り場です。

DSC07765.jpg

こんな船がとまっていたら、とりあえず乗ってください。

IMG_3804.jpg

料金は下りる時に払います。
クーラーのきいた中にいるもよし、
後ろのデッキに出て潮風や水しぶきにあたるもよし。
船乗り場でとまっている船の後ろから撮った写真。

inujima-02.jpg

私は後ろの方が好きです。けっこう涼しいですよ。

島へ着いて船を降りたら片道料金一人200円を払ってください。
期間中は人が多いと思うので小銭を用意していただけるとありがたいです。

船を降りたら、大岩航平さんのバイオンリンのお出迎え演奏があります。
犬島時間の為に作った曲をお聞きください。

船乗り場の近辺にチケット販売コーナーを設けています。
そちらか、旧郵便局舎でチケットを買ってくださいね。

会場・黒い家

IMG_3769.jpg

まだ準備中でバタバタしていたときの写真です。
ここは、犬島時間代表・青地大輔さんの展示場所です。

IMG_3762.jpg

準備中の青地さん。障子も自分で貼ります。

IMG_3774.jpg

外れた襖を直す実行委員。

IMG_3771.jpg

「あつい~焦げる~」と言いながら庭の草を燃やすスタッフ。

会場・白い家

IMG_3799.jpg

ここはオリジナル作品の販売をしています。
7月29日にはRED LAB.による1日限定島カフェもあります。
外の庭には、橘宣行さんの巨大なアレが・・・。

IMG_3782.jpg

白い家の中から撮った写真。
風鈴の音が、暑い島に涼しい風を送り込みます。
この白い家はみなさんの休憩場所にもなります。

旧郵便局舎。

IMG_3768.jpg

昔の古い郵便局が、そのまま残っています。

IMG_3777.jpg

風通しがよく、とても涼しいです。

IMG_3776.jpg

ここでは、副代表の細見博子さん、小野耕石さん、
小林泰子さん、山崎拓巳さんの展示場所となっています。

旧郵便局舎の裏はこんな感じです。

IMG_3792.jpg

旧郵便局舎の裏は、ヨシダコウブンさんの展示場所となっています。

IMG_3794.jpg

犬島自然の家 学習棟

IMG_2096.jpg

学習棟の廊下

IMG_2091.jpg

福永オキさんの展示場所です。

犬島ではちょっと有名な軽トラ。

inujima-03.jpg

花トラックです。今の時期花が咲いているかどうかはわかりませんが
犬島へ来た方々には必ず案内するスポットです。
このすぐ側に橘宣行さんの作品があります。
倒れると危ないので触らないでくださいね。

スタッフハウスはこちら

IMG_3795.jpg

青地代表を中心に、期間中滞在するスタッフの宿泊場所です。

IMG_2033.jpg


とりあえず、こんな感じです。

とにかく暑いです。
帽子、タオル、水分、食料は必ずお持ちください。
日焼け止めもあった方がいいと思います。
日傘をさしたり、長袖を着ている方もおられます。
一応自動販売機や、小さな商店もありますが、
数に限りがありますので、なるべくご持参ください。
虫(蚊、蜂など)もいるので気をつけてくださいね。

IMG_3789.jpg

IMG_3816.jpg

今年の夏は、犬島で一緒に過ごしませんか?


テーマ : アートイベント
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

初日に行ってきました。
初めて犬島に行ったのですが
とても楽しめました!
ほとんど回ったはずだったけど
これを見て初めて「福永オキさんの展示場所」に気づきましたi-201
黒い家の障子、手で貼ってたんですね。よかったです。
犬島はゆっくり時間が過ぎる感じでのんびりできてよかったです。来年も楽しみにしています。

あんりゃぁ~ウメコさんも今日行かれたんですね('-^*)

私も今日いきましたo(*^▽^*)o

たのしかったぁ~\(*^ー^*)/

トラック花咲いてましたよんマコさん(^O^)/明日行くから見えるか……(ρ_-)o

マコさんの地図を片手に駐車場までたどり着きました(^-^)

ありがとぅございますo(^▽^)o
初めての犬島!
昨日(28日)に行って来ました。
初めての犬島での時間をの~んびり過ごしてきました。
欲を言えば、作家の方達の展示作品がもっと見たかったので、それぞれの展示数がもう少し多ければと思いました。
それと行きは11時発の船に乗るつもりで待っていたら、臨時便なのか30分以上も早く船が来て、前払いで200円で乗りました。
で、帰りは5時過ぎの船を待っていたらやはり早く船が来たので乗りましたが、今度は後払いで300円でした。臨時便だからということみたいでしたが…。
まぁ、たった100円のことだから文句を言うほどのことではないのですが、ちょっと???って感じでした。
>umekoさん
初日に来てくださったんですか~!
ありがとうございます。
とっても暑かったでしょ?
福永さんの展示場所、わかりにくかったですかね…。
すみませんでした。
ちょっと離れた場所にあるので
わかりづらいようですね。
黒い家のスクリーンは、
もともとガラスが入ってた戸に
障子紙を貼ってスクリーンにしたんです。
大変でした~。
また来年も遊びに来て下さい☆
>ゆきさん
ゆきさんは、一番人が多かった日に来られたんですね。
暑くて人が多くて大変じゃなかったですか?
この日は犬島時間4回目にして
過去最多記録を更新した日だそうです。
ありがとうございます。
トラック、また写真に撮りました。
今度は花じゃないトラックの写真も撮りました。
またお見せしますね。
>ericoさん
ありがとうございました~!
のんびり過ごしていただけたようで、よかったです。
作家の展示数が多いと見ごたえがあっていいんですけど、
コミュニケーションがテーマなイベントなので
作品の数は控えめなのかもしれません。
来年はもうちょっとその辺も考えて行きたいです。
あと臨時便の件ですが、
臨時便は誰かがチャーターしたから出たらしく
他の方はそのチャーターに便乗するという形だそうで
その為料金が上がっていたみたいです。
船を管理されている方は犬島時間の方ではないので
その辺はこちらは把握していませんでした。
すみませんでした。。。
あと荷物が多いときは300円になるみたいですよ。
今年の反省は来年に活かしたいと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。
また来年も遊びに来て下さいね☆
犬島時間オフィシャルサイト

2008A4_o3-1ab

"Glimmer border"
"Birds in the room"
共鳴する美術 2009
"The World"
   "My turning into me"

  20071018110106s.jpg

 Artfull Night in Nagi MOCA

IMG_0565abc.jpg

     カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
     カテゴリー
     最近の記事
     最近のコメント
最新トラックバック
     ブログ内検索
プロフィール

 maco

Author: maco
岡山県在住。カメラマン兼グラフィックデザイナーのアシスタントをやっています。瀬戸内海に浮かぶ小さな島、「犬島」で「犬島時間」というアートプロジェクトのアシスタントディレクターをやっています。犬島時間も今年で九年目です。年中犬島へ足を運び、島民との関わりを大切にしながら活動を続けています。COLORSは、私が日々の生活の中で出会った岡山のグルメ、ショップ、アートの情報発信の場として2006年に開設したサイトです。

     Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。