<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金将らーめん
ここは岡山では有名な「金八らーめん」がのれん分けしたお店。

店内はとても広々。
テーブルは桧を使っているものもあり
仕切りのあるカウンターもあります。
マンガも少しあります。
ティッシュが各テーブルに置いてあるのは私としてはありがたい。

私がオーダーしたのは金太らーめん。

DSC03759.jpg

とりあえず・・・割り箸が入った写真ですいません。
あと、ホントはこれにコーンが入ります。
でもコーン抜きにしてもらいました。。。
金太らーめんは、叉焼と太肉が両方入っているので
叉焼らーめんや太肉らーめんを食べるよりも
なんとな~くお得な感じ。

やっぱり味はこってりです。
しかもこの太肉がこってり感をUPさせます。
食べ終わった頃には「とーぶんラーメン食べたくない」
という気持ちになりますね。

金将らーめん580円    豚菜太肉らーめん730円
金太らーめん680円    細切れ叉焼らーめん680円
叉焼らーめん730円    和らーめん(胡麻としそ風味)730円
太肉らーめん730円    細切れ叉焼丼500円(ハーフ350円)
豚菜らーめん730円    叉焼丼500円(ハーフ350円)

この他、お好きなプチデザート2つで170円
抹茶プリン・杏仁豆腐・イタリアンレモン・黒胡麻プリン
マンゴープリン。店長手作りコーヒーゼリーは70円

でもひとつ気付いたことが!
金将って、金八とメニューほとんど同じなのに
金八の方が30円安い!!!
それに金八はもっと広いし、駐車場もあるし
食券だからお客の回転早いし・・・

このラーメン食べたいと思ったら金八の方に行くかも・・・?




金将らーめん
岡山市沼1286
平日:am11:00-14:30   18:00-23:30
土曜祝日:am11:00-23:30
日曜:am11:00-22:00
定休日:月曜・祝日の翌日
駐車場:たくさん有



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

スープの色は金八と同じ感じだね。
なんか麺が少し太いような気がする。

今度店長手作りデザートを食べに
行ってみま~す。おいしいのかな?
to もりりんさん
おっ、さすがもりりん!
ラーメンネタに食いついてきたね♪
そーいやちょっと麺が太いかも?
・・・のびた(゜д゜)!?
デザートは子供が食べてるのしか見たことないから
どんなんかよーわからん(^^;)
金八にはデザートあったっけ?
食べ物系にはくいつくよ~くっつき虫並に。

麺はのびてたんだねきっと(笑)

金八はデザートってなかったように思うよ。
また今度行って偵察してきます。

to もりりんさん
くっつき虫~♪
金八行ったらレポよろしゅう☆

ちなみに、大阪レポのメイド喫茶には爆笑したよ!
メンバーが分かるだけにリアルに想像できたし(笑)
もりりんも男だのぉ~(^∀^)☆
犬島時間オフィシャルサイト

2008A4_o3-1ab

"Glimmer border"
"Birds in the room"
共鳴する美術 2009
"The World"
   "My turning into me"

  20071018110106s.jpg

 Artfull Night in Nagi MOCA

IMG_0565abc.jpg

     カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     カテゴリー
     最近の記事
     最近のコメント
最新トラックバック
     ブログ内検索
プロフィール

 maco

Author: maco
岡山県在住。カメラマン兼グラフィックデザイナーのアシスタントをやっています。瀬戸内海に浮かぶ小さな島、「犬島」で「犬島時間」というアートプロジェクトのアシスタントディレクターをやっています。犬島時間も今年で九年目です。年中犬島へ足を運び、島民との関わりを大切にしながら活動を続けています。COLORSは、私が日々の生活の中で出会った岡山のグルメ、ショップ、アートの情報発信の場として2006年に開設したサイトです。

     Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。